11/18

今日はほんとは遠出だったけど、中止して家で仕事。でも午前中、なにもしない状態。今日は一日休みかな。予定ではまとまった量をこなさなければならないのだけど。遠出できないので買いたい物が買えない。しょうがないけど。

先日から散歩していて、気がついたら5キロも痩せている。人って1か月ちょっとで無理なくこんな痩せるのかと。現在68キロ。ベストは65〜66キロだからもちょっと痩せたほうがいい。

11/15

急な仕事2本。うち1本はおそらく数か月続く。資料の読み込み。

志村の夜。安定感あるなあ。先日新しい microsoft office をインストールしたら、ラップトップには使えるけど、デスクトップには使えない。

11/10

レッスンを終えた頃にはくたくたになっていて、なんかこの人のレッスンって結局、面白いからテンションが上がるではなくて、レッスンのためにテンションを上げないといけなくて、1時間半で8000円ってのは高くはないと思うが、それにしても無駄遣いだなと今回強く思い、おまけに前回提出した宿題も、気付けば添削してもらってない。レッスン中にあくびはするしで、この人、正直もう辞めたいのだが、次の先生探すのが至難の業。でも我慢しなくてもいいよね、って、そんなんじゃ金払ってまでレッスン受ける意味ないし。

それはそうと、この人とのインテークでは、金にせこいのが第一印象だったが、せこい人ってとどのつまりが金に泣くというか。

11/10

リスニングが弱いのでテレビ番組を教材に使っていたら、そのテーマがどうも、彼女の改築中の家と同じ。要は発注条件の認識が自分らと業者側でズレていて、彼女の場合、おそらく100万近くかかった修理代のうち一部しか払わないみたいなことを言っていた。あー、この国だとそういうこともあるかもねなどと思っていると、突然彼女が僕に「あなたならどうするの」って無表情に振ってきた。正直、知るか! と思ったが、面倒くさいので、日本なら多分業者側負担で再施工だと思うけど、この国だったら施工時の床の状況によるんじゃない? などと適当に返事。

借りた部屋のニオイが微妙に臭くて、というのも便器が蓋なしで設置されている部屋で、それを含めた一切合切が珍しい、面白いという売りのようだが、僕にとっては不快極まりなく、そこでお茶とかお菓子を口にするのに、それはないだろうという。しかも便器の蓋替わりにお盆が…。

11/10

オスロから帰国してのんびり。ちょっと勉強して、仕事の打診も受けて、でも仕事は多分流れそう。取引したことがない相手なのと、反応が緩慢、受けても面倒くさそうだから流れてもまあいいかという感じ。

昨日は語学の日。行く前からどうも乗り気でなく、たまたま教室になってる自宅が工事中で別の場所が用意されていたけど、そこの使い方が説明されてなくて中に入れない。数十分待っても先生は現れず、いい加減イライラしてきたところで中から別の生徒を連れた先生が登場。僕が多分疲れた顔をしていたのか先生もなんか妙な感じで、でも、語学教室の先生って色んな生徒が来るだろうからもっと安定した態度が望ましいし、最低教える場所の説明はちゃんと前もってしててくれと思うが、おそらく彼女にはそこまでする必要はないぐらいの認識しかないみたい。

11/8

海外に来るとそれまでの生活や今後の人生を考える転機になる。今回も、パートナーの仕事のことや、もしパートナーがいなくなったら自分はどうするかなど、真剣な話しをした。僕には今住んでいる国に日本人の知人がいないから、みんなこんな話するのかなと考えてみたが、パートナによると「おそらくしないだろ」。そんな暗いテーマなんてずっと無視し続けて現実になって初めて考えるんじゃない、と。行き当たりばったりってことか。

思い返せば、パートナーとの関係が10年前に破綻したゲイの元知人は、その当時から、年取ったら沖縄に移住したいみたいなことを言っていた。去年ヨーロッパに移住してきたばかりでもうそんな話をと呆れていたが、彼は僕より10年進んでいたのかも。数年前に価値観が合わず疎遠になったが、今も欧州にいるなら同じ仕事をしてるだろう。合理化で真っ先に切られるような仕事だったが、元気でいるんだろうか。

11/8

今日まで oslo に滞在していたが、多分次はない気がする。町自体はおしゃれな人が多いし、町も stockholm に比べると洗練されてる印象だが、それ以外の特徴がない&物価が高すぎる。鮭を買ったが自分が住んでる国のざっと3-4倍。

ホテルを変わってからはまったく問題なく、やっぱりちゃんとしたところにちゃんと金払って泊まるべきだと痛感。グローバル化で人の出入りが自由になると、金儲け目的で先進国に来る下品な人間が安いところを押さえてしまうからだ。