7/23

今日一日家で勉強。この年で…ってすることないから。あー。ま、一生勉強なんでしょうな。

先日のネカマの話で、もう還暦を過ぎたじいさんが全身の画像を送ってくる。この人のはチンコだけやたらでかくて、体は年相応なのだが、桶専でない自分は、まるで屍を見てるみたいであまり気分がいいもんじゃない。年取って痩せてる人って見栄えが悪い。

びっくりするのはチンポだけ驚くほど巨根で、勃ちがいい。太い。ディルドみたいな。修正してないと思うのだけど、勃起時に亀頭が直径6センチぐらいある。言葉遣いも結構きれい。不思議なのは、ああいうのを相手してる女性、いわゆる不倫相手は若い人が多く、生理がどうこう、おじいさんは言っている。要するに妊娠しないように避妊薬を飲ませてどうこう。そこで思うのは、一体、この還暦過ぎのじいさんの、この屍のような体のどこに魅力があったのか。巨根なのは脱がないと分かんないし、女性の場合、巨根だから感じるって訳でもなかろう。このじいさん、金持ちなのかね。ほんとかどうかは知らんけど、ここ10年以上、女は取っ換え引っ換えみたいなことを言っている。この老人の魅力ってなんだろうなと。物腰の柔らかさ? 隠れた男らしさ? あとは経済力だろうか。奥さん知ってんのかな。不倫のこと。知ってるのかもね。金持ってんだろうなあ。あの年になったら多分、金。

広告を非表示にする