7/31

昼前に偏頭痛。外に出る気も失せた。ちょっと横になったら横に猫。

5時夢を見ていたら、お勧め動画に江原さん関係のが。ところでスピリチュアルは立派な宗教。すぴりちゅあるっていう軽い響きから、あれを宗教だと思ってない人もいると思う。ちょっと軽い占いみたいに。あれはニューエイジ、ここ50年ちょっとで出てきた宗教。

何年前の動画だろう。オーラの泉を見てみた。安めぐみの回。江原さんの語り口は慰められる感じがするので、弱っている人には入りやすいだろう。うっかりしてたら、これはコロッといくと思った。僕の経験で言うと、スピリチュアル的なものは、思い込むのは楽だし、とりあえず心穏やかにはなるが、本当に困った時に、特に心理的な問題になんの答えも用意されていない。

こういうスピリチュアリスト?とか霊能者の共通項は、普通の人には見えないものが見える(と言っている)ことで、それをまことしやかになんの躊躇もなく話すことに聞く側はなんの疑いも持ってはい(け)ないこと。要するに、聞き手は見える人の言うままに受け入れるのが条件みたいになっていて、そこをすんなりOKな人には、おそらく魅力的な教えなんだが、そこに懐疑的な人にとってはとにかく胡散臭い。

人は死んだらどうなるのか。おそらく高い確率で、スイッチを切るように意識がなくなるのだと思う。輪廻の話だが、考え方としては不思議、神秘的、ロマンチックだが、検証はできない。ただ、その見える人がそう言っているだけで。その、こちらが見えないことを見えるように話している感じ、見えると嘘を付いているかもしれない人の優越感、妄想なんかもあるかもしれない。人に直感というのはあると思うし、僕も割と自分の直感は当たると思っているが、それが恐ろしいほど鋭い、過敏な人もいるとは思う。でもそこに金が絡んだら違う感じがする。あの類いのことは、こちら側には見えないことをいいことに、なんとでも言えるからだ。おまけに、あの類いのセッションってめちゃくちゃ高い。