9/14

ここのところ仕事が来たかなと思ったら消えたり、来たと思ったら変な案件だったりと。

最近頭の中で斉藤由貴の初戀がヘビーローテーション。誰かも言っていたけど、一連の不倫騒動では、あの医者の取った態度は、元アイドルの元ファンとしては最低。あこがれのアイドルを手玉にとり、あんなことこんなことやった揚げ句に、都合が悪くなれば相手の家族やキャリアなんかお構いなしに保身、そして切り捨てる。

僕にとって斉藤由貴は性の対象ではなかったが、ずば抜けた美少女として不思議な存在だった。結局あれから30年以上。彼女はおばさんに。でも、奇跡の復活を遂げたと思ったらあんなことになって評判は地に落ち、おそらく家庭内も大変なことだろう。

そう言えば、彼女は某信者。宗教って、なんか面倒くさくない? なんの意味があるんだろう。最近は、信者だと公言する人ほど、うさんくさく見える。個人的にはイスラム教もそうで、女性のかぶるあのヘッドスカーフには敬虔、謙虚なんて意味はみじんもない。そりゃまあ、粗野な輩もいるわけで。このヨーロッパで生きるのに便利だから宗教を利用してるだけ。宗教が利用されている。