10/19

仕事の方は今日からカウントしてなんとか納期に間に合うかなという感じになってきた。今回の仕事は準備なしでやっつけようと思っていたが、無理だと数日前に気付き、急いで準備に入っている。

昨日いしだ壱成を見て、時間って残酷と思った。紹介にあったように、確かに彼は十数年前フェミ男と呼ばれていたが、今はその面影もない。顔が曲がり、髪も減り、性格が異常で面倒くさい元夫ってことで売ってるみたいだが、あれは得策なんだろうか。石田純一様々で、親に守られてんなーという印象。

それはそうと、突っ込む面々の、今をときめく劇団ひとりバカリズムが十数年後にあそこにいるのだろうかとふと思った。時代の寵児? の人たちの顔つきは他を圧倒する。あれで40過ぎのおっさんだからね。まぶしいとはこのことを言うのかと。