11/8

海外に来るとそれまでの生活や今後の人生を考える転機になる。今回も、パートナーの仕事のことや、もしパートナーがいなくなったら自分はどうするかなど、真剣な話しをした。僕には今住んでいる国に日本人の知人がいないから、みんなこんな話するのかなと考えてみたが、パートナによると「おそらくしないだろ」。そんな暗いテーマなんてずっと無視し続けて現実になって初めて考えるんじゃない、と。行き当たりばったりってことか。

思い返せば、パートナーとの関係が10年前に破綻したゲイの元知人は、その当時から、年取ったら沖縄に移住したいみたいなことを言っていた。去年ヨーロッパに移住してきたばかりでもうそんな話をと呆れていたが、彼は僕より10年進んでいたのかも。数年前に価値観が合わず疎遠になったが、今も欧州にいるなら同じ仕事をしてるだろう。合理化で真っ先に切られるような仕事だったが、元気でいるんだろうか。

広告を非表示にする